レヴュースタァライトのコンテンツご案内

劇場版の公開、アニメ本編無料配信でタイムラインで狂ったオタクが多数観測できる「少女☆歌劇レヴュースタァライト」。
アニメ放送時から狂っていたオタクとして、スタァライトちょっと気になってるとか、最近アニメを見たよ!という方に、スタァライトのコンテンツの案内をしたいと思います。
記事執筆時(2021年6月)の情報となっているため、それより後に見た場合は情報が古い可能性があります。

そもそも少女☆歌劇レヴュースタァライトって何?

「ミュージカル×アニメーションで紡ぐ、二層展開型メディアミックス作品」(公式サイトより)
「舞台女優を目指す舞台少女たちの舞台」というお話で、舞台演劇を学ぶ高校に入学した九人の舞台少女たちをメインに、ストーリーが展開していきます。
いわゆる2.5次元舞台に近い感じですが、実際はその逆で、ミュージカルを原作にアニメやその他コンテンツが制作されています。
2018年にテレビアニメ版が放送され、人気となりました。舞台のキャストがそのままアニメでも声優を務めています。
劇中歌(レヴュー曲)なども舞台の発声方法で歌唱される曲があったり、殺陣やライブを舞台上で行うなど、舞台ファーストが意識されたコンテンツです。

スタァライト知ってる人でもあまり見てる人がいないかもな初期PV

まず、どれから触れたらいいですか?

テレビアニメ版(全12話)がおすすめです。
dアニメストアなどの配信サイトで視聴できるほか、そこそこの頻度で公式チャンネルやGYAO!などで期間限定で全話無料視聴をやっています。
また、公式Youtubeチャンネルではいつでも第一話を見ることが出来ます。

まずはここから!

アニメ本編見ました!続きを見たい!

スタァライト、アニメの話が終わった後の99期生が気になりますよね?わかります。
勿論アニメ後もコンテンツは展開しており、続きの99期生をたくさん見ることが出来ます。

総集編ロンドロンドロンド(映画)→劇場版(映画)

劇場版が公開され、今一番おすすめのコンテンツ履修経路かもしれません。
アニメ本編の総集編と新規カットが追加されたロンドロンドロンド、そしてその次へ踏み出す劇場版。
劇場版の映像・ストーリーのクオリティはすさまじく、見た後はふせったーで〇だらけの感想・考察を求める身体に一直線間違いなし。
ロンドロンドロンドはアニメ本編の総集編ですが、新規カットが若干劇場版へ繋がる雰囲気を持っている為、可能なら見ておくと良いです。
ロンドロンドロンドはdアニメストアで配信されております。

ばなナイス
私たちはもう、舞台の上

舞台#2(舞台)

スタァライトはアニメと舞台の二層構造コンテンツとなっており、アニメのキャストがそのまま舞台で歌い、踊り、戦って、まさしく舞台少女を体感することが出来ます。
二度目に公演された舞台#2は、アニメ本編後のストーリーとなっています。
スタァライトを演じた聖翔俳優育成科9人たちに襲い掛かる、スタァライトを狙う別学校「青嵐」3人の舞台少女たち。
青嵐の舞台少女たちは、聖翔の舞台少女の大場ななや露崎まひるの過去にも関わりがあるようで……。
青嵐の柳小春がめちゃかっこいいです。

青嵐大好きになりますよ

スタリラ(スマホゲーム)

正式名称は「少女☆歌劇レヴュースタァライト Re:Live」。通称スタリラ。
舞台少女を育成して戦う、コマンドバトルRPGとなっています。
こちらもアニメ本編後のストーリーとなっており、聖翔の他に「シークフェルト」「凛明館」「フロンティア」という別学校の舞台少女たちが登場します。
特にアプリメインストーリーの7話以降がアニメの監督と脚本の方が監修をしており、他校も聖翔に負けず劣らずの重厚なストーリーの盛り上がりを見せてくれます。
(ただし六話までクリアするのはちと……だるい)
新規レヴュー曲もゲーム内で多数実装されています。他校のレヴュー曲も気になる人はおすすめです。
基本無料のアプリゲームなので始めやすいです。聖翔以外の舞台少女たちのキラめきが気になる人はダウンロードしてみましょう。
上述の青嵐の舞台少女たちもアプデで追加されています。

ガチャは結構渋いので注意だ

舞台もやってるんでしょ?見たいなぁ

やはり舞台少女たちが一番輝くのは舞台の上。キャスト本人で織りなす舞台はもちろん必見。
また、舞台は基本的にストーリーとライブパートの二部制になっており、ストーリーのあとは舞台少女たちが歌い、踊るライブパートになります。推しのサイリウムを持って見よう!
舞台の素晴らしいところはアニメ以上にキャラクターの声・感情・表情が伝わってくるところ。情報量がすごいです。
こうなってくると舞台版も気になりますよね、わかります。

舞台#1(舞台)

こちらはアニメ本編が開始される前に公演された舞台です。スタァライトコンテンツ最初期。
時系列順で履修したければまずはここから。
舞台女優を目指すために聖翔に入学した少女たちが、不思議なレヴューオーディションに誘われる……。
アニメ前のため、転入してくるひかりちゃんのあたりのストーリー等、アニメとは結構違いがあります。
また、アニメには出てきていない、舞台少女たちを見守る学年主任の走駝先生(演:椎名へきるさん)などもいらっしゃいます。
アニメ本編に比べて妙にギスギスしてて怖いキャラクター達もある意味見どころ。オタクみたいな星見純那だ~いすき

こんなに仲が悪い九人、貴重

舞台青嵐スピンオフ(舞台)

舞台#2に出てきた青嵐の舞台少女たちの人気が高く、彼女たちを主役にしたスピンオフ舞台が公演されました。
舞台#2では敵役で圧倒的チームワークと実力を見せた青嵐の三人ですが、彼女たちにも勿論悩みや葛藤、時にはぶつかり合うこともあるようで。
青嵐のトップスタァ柳小春の妹、柳さくらが101期生舞台創造科として聖翔に入学していたり、京都や離島の学校が出てきたり、舞台少女たちのまた新たな一面が見ることが出来ます。
さらにスタリラからもシークフェルトの女王、雪代晶が本人キャストで登場してくれています。
また、おなじみ聖翔の舞台少女(神楽ひかり、西條クロディーヌ以外)も日替わりゲストで登場し、しっかりと物語に関わってくれます。
スタァライトはこういうところが上手でうれしい……。

これは手放しでおすすめできる舞台です

The LIVE ONLINE(舞台)

後述の舞台#3が御時勢により延期になってしまったため、オンライン公演として開催された舞台#3のエピソード0。
収録映像での上演となっている為、舞台とはまた一味違う演出が楽しめます。でっけー天堂真矢が見られるぞ。
また、ストーリーも他のものに比べてほのぼのとしており、ちょっとした日常回のような雰囲気です。

舞台#3(舞台)

なんと!こちらは2021年7月公演予定となっております!(記事執筆時現在)
つまり、これからリアルタイムで楽しむことが出来ます!
現時点ではまだ不明ですが、毎回舞台版は映画館でのパブリックビューイングやオンラインでのリアルタイム映像配信をやってくれるので、現地に行かずとも見られると思います。
今、現在の99期生を見たい方は忘れずにチェックしておきましょう。

やっぱりアニメ見たのでアニメの曲を重点的にやってほしいな

実はあります!良かったねえ……!
アニメ版のレヴュー曲たちをライブでやられるとどうなるのか、わかります。

2ndスタァライブ Starry Desert(ライブ)

このライブは前後編の二部制となっています。そして後編が始まったときに愛城華恋役の小山百代さんが放った「アニメのレヴュー曲、全部やります!」
こんなん狂っちまうよ
後編はアニメのレヴュー曲を、アニメ放映順で歌うセットリストとなっています。
しかもアニメと同じ、殺陣を行いながら、つまり戦いながら歌い上げられ……マジの生レヴューを楽しむことが出来ます。
アニメ版を見た人には是非とも見てほしいライブです!

天堂真矢の圧!

オーケストラコンサート Starry Konzert(コンサート)

こちらはオーケストラの生演奏でアニメの劇伴やアニメの全てのレヴュー曲を披露していくコンサートとなっています。
上記とのStarry Desertとは違い、レヴュー曲は殺陣がありませんが、表現を歌一本に絞ったキャストの歌唱はアニメ版とはまた違った雰囲気で素敵。
また、曲と曲の間で披露されるミニモノローグも楽しいライブです。じゅんななな派はマジで見た方がいい。
難点としてはブルーレイがCDの豪華版特典だったので手に入り辛いところ。近くのスタァライトオタクを捕まえましょう。
(同じ理由で1stライブも今入手が難しいです)

アニメのレヴュー曲をやるので華恋ちゃんは出ずっぱりで大変

スタリラに出てくる他校の生徒も気になってきた

女王率いる強豪シークフェルト、廃部の危機に立たされる凛明館、新設校まだまだひよっこフロンティアなど、スタリラ内には聖翔以外にも舞台少女がたくさんいます。
勿論、アプリ内だけではなく、様々な媒体で彼女たちのキラめきを見ることが出来ます。
聖翔だけでは満足できませんよね、わかります。

ラ・レヴュー・エターナル(CD)

聖翔・シークフェルト・凛明館・フロンティアの四校の舞台少女24名が星をテーマにした6曲に分かれ、混合レヴューを行うCDとなっています。
うきうきるんるん気分で歌っているレヴュー曲もあれば、ガチバトルをするレヴュー曲もあり、わずか6曲ながらもたくさんの表情を見せてくれるCDです。
他校とのレヴューはまた一味違っており、また曲のクオリティも高いため、スタリラをやっていなくても聴けるCDではないかと思っています。

翻弄される星見純那

3rdスタァライブ Starry Diamond(ライブ)

このライブも二部制となっており、一部は聖翔の舞台少女で、二部はスタリラ4校での混合ライブとなっています。
その二部ではラ・レヴュー・エターナルのレヴュー曲をライブ上で全て実演!
武器を持って戦いながら歌ってくれており、人数も多く迫力があります。
双葉と香子に立ちはだかる凛明館、人数が一番多いレヴューながらも相手を圧倒する大場・天堂の実力者ペア、シークフェルトの女王雪代晶と対峙する華恋とひかりなど、見たかった映像が詰まっています。
スタリラのライブが見たい人はこのライブがおすすめです。ポン酢も出てくる。

とにかく人数が多い!

漫画版も有るって聞きました!

良いこと聞いたね。多メディア展開が得意なブシロードのコンテンツなので勿論漫画版もあります。
紙の上でもスタァライトを堪能したいですよね、わかります。

Overture(漫画・全2巻)

アニメ版の前日譚(+最終回後)の漫画。
アニメ一話時点で高校二年生、そこそこ仲が良かった華恋たちの、アニメで描かれなかった高校一年生時のエピソードが見られます。
それぞれキャラクターのメイン回があり、一人一人をもっとより深く知ることが出来ます。
Amazonリンク

よんこますたぁらいと(漫画・全3巻)

デフォルメされたキャラクターたちのギャグ四コマ漫画。
絵柄も話もかわいらしく、気を抜いて楽しめる感じです。
肩肘を張らずに気軽にスタァライトを見たい人におすすめです。この手の四コマでは割と安定して面白い。
Amazonリンク

舞台 The LIVE SHOW MUST GO ON(漫画・上下巻)
舞台 The LIVE #2 Transition(漫画・上下巻)

上記で紹介した舞台#1、舞台#2のコミカライズ版。
舞台版のコミカライズなので、レヴューパートは勿論、歌唱パートもしっかり漫画に落とし込まれています。
舞台でのキャストの表情、構えなどが絵になるとこうなるのか~!という所はさすが舞台のコミカライズというところ。
勿論舞台を見ていないくても読めるので、舞台を見るのが難しい人はコミカライズ版を読んでみましょう。
さらに、青嵐舞台スピンオフコミカライズ版「舞台 The LIVE 青嵐 BLUE GLITTER」も連載中です。すごい。
舞台#1Amazonリンク
舞台#2Amazonリンク

舞台・映画・ライブ・漫画以外ってあります?

もちろん、ラジオ・CDなど、紹介できていないものはたくさんあります。
直接のスタァライトコンテンツ……というわけではないですが、キャスト9人のTwitter・インスタをフォローするのがおススメです。
キャスト同士のやりとりは非常に仲睦まじく、スタァライトと同じく女子高生がきゃいきゃいしてるような姿を見ることが出来ます。
スタァライトのオフショットの写真や動画なども上がっており、舞台裏も覗くことが出来ます。
また、スタァライトに出演されている9人はそれぞれ舞台女優・声優として、様々な別の演技を見せてくれています。
真矢様役の人の別の舞台が見てみたい!や、双葉役の人が別コンテンツでアイドルしてる!など、色々と発見が多く楽しいものです。
(ばななちゃん役の人が携帯を水没させ何故?と純那ちゃん役の人が聞いたら、iPhoneをシャワーで洗っているという衝撃の事実がバズるなど)
動画の生配信、ツイッター上でのやり取り、新舞台の告知など、ちょっと日常が楽しくなると思います。
私は生で富田麻帆さんの舞台が見たいな~~~

かれまひひか・ふたかお・じゅんななな・真矢クロにやられました。次は何を見たらいいですか?

あなたは正直者です。えらい。
そんなあなたは劇場版を今すぐ見ましょう。もれなく狂います。
劇場版以外のそれぞれの情報も欲しいですか?わかります。


やっぱかれまひひかよ

まひるちゃんの過去を知ることが出来る舞台#2がおすすめです。
それを受けてひかりちゃんが取る行動が良い……。
アニメではちょっとだったまひひかを濃厚に摂取できます。

ふたかお、Love……

同じく舞台#2がおすすめです。いつも一緒だと思っていた二人が青嵐の登場で揺らいでいきます。
また、ふたかおはいつも一緒なので割とどのコンテンツを見ても良いかと思います。ライブパートなどではいっつも顔が近い。(最高)

じゅんなななしか勝たん

上にも書きましたがStarry Konzertを見ましょう。
あのミニモノローグは天才。星見純那が佐藤日向さんで良かった……。

私は真矢クロを崇めるために生まれてきました

スタリラメインストーリー7話を遊びましょう。ぶっちゃけ天堂真矢と西條クロディーヌの話です。
また、舞台ではしょっちゅう戦っている組み合わせなので、舞台もおすすめです。
特に舞台の天堂真矢は殺意が高いです。夢女にされる。

実は上記のカプではなくて……

真矢なな(裏切りのクレタペア)・ふたクロ(アニメ)などは公式からも供給がそこそこあります。
それ以外となると、今すぐ同人誌を描くか書くかしてみましょう。
出来たら私にこっそり教えてくれよな……。

終わりに

スタァライトはアニメや舞台など、多数のコンテンツが目白押しで、公式からの供給もわりと絶え間なく続いてくれています。

以上、そこそこ長くなってしまいましたが、あなたのスタァライトコンテンツの摂取の一助になれば幸いです。

それでは今後ともスタァライトをよろしくお願いいたします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です